人気過熱の「ハリポタ」売買めぐり発砲事件 来月発売の第6作

【ロンドン=蔭山実】発売前から世界的な大ベストセラーになるほど異常に人気が高まっている「ハリー・ポッター」シリーズの第六作「ハリー・ポッター・アンド・ザ・ハーフブラッド・プリンス」(ハリー・ポッターと混血のプリンス)の内容が漏洩(ろうえい)し、売買をめぐって銃撃事件にまで発展した。(産経新聞)

わたしはハリポタダイスキなんです。
こうなんかねぇ、賭けるのは別にいいですけど、いい大人が文学作品をお金関係でもめごとのネタにはしてほしくないなぁ。
子ども達がおとなしく発売待ってるのにね。なんかがっかりしちゃいました。
発売延期になったりしないといいですね。
フランスでもハリポタは大人気のようで児童書籍のコーナーで1巻から最新巻まで平積みでおいてありますよ。
そういえば昨日本屋で「ヒエログリフ(古代エジプト文字)で遊ぼう」なんていう本があって思わず買おうかと思いましが、2000円近くしてたのであきらめました。
ヒエログリフの型抜きした定規?がついててなんだか子ども心を誘われてしまったのでした。

Categories: My interest

2 Responses so far.


  1. きょう、産経新聞とプリンスも過熱したかった。
    平まで産経新聞はロンドンにネタへ過熱した。

  2. mimiは、フランスで広いお金と大人とかを関係する

Leave a Reply


  • Search

  • Archives

  • Categories